ムービーグラバーとキャプチャ録画ソフト画質比較

公開日: 

自分の購入した動画の場合、出来るだけ高画質に保存しておきたいものです。高画質に保存しておけば、DVDへの書き込みや変換して各種端末に入れた場合も画質の劣化が少なく視聴することが可能になります。

ムービーグラバーはフジテレビオンデマンドなどの有料オンデマンドサイトの動画を高画質保存することが出来るソフトですが、有料です。

有料なのだから無料よりも高画質に保存できなければ購入する意味がありません。そこでここではムービーグラバーと無料のキャプチャ録画ソフトを使った画質の比較を行いたいと思います。
画質の比較に関しては真空波動研を使います。

真空波動研とは対象の映像・音声ファイルで用いられているコーデック名や、画面サイズ、フレームレート、ビットレートといったファイル情報を調べられるソフトのことです。

実験対象

ムービーグラバーと比較するソフトに関してはデスクトップキャプチャ録画ソフトまとめよりBandicamを選択。

実験動画


真空波動研による実験結果

Bandicam

WS000033

ムービーグラバー

WS000036

検証

ビットレート

コーデックがバンディカムがXviD、ムービーグラバーがH.264を使っている影響か、ビットレート数に大きな変化が見られた。
  • Bandicam:7,592,108Bytes
  • ムービーグラバー:12,318,821Bytes

FPS(フレームレート)

僅かではあるがムービーグラバーの方が優っていた。
  • Bandicam:30,00fps
  • ムービーグラバー:30,02fps

結果

数値を比較するとやはりムービーグラバーの方が画質の点で数値的にフリーのキャプチャ録画ソフトより優っていることが分かった。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑